不用品処分してくれる専門業者の見分け方のポイント

HOME>特集>不用品処分でトラブルを避けるためにも業者選びは慎重に

不用品処分でトラブルを避けるためにも業者選びは慎重に

男の人

業者を選ぶ際は真っ先に営業許可の有無の確認を

不用品処分の営業をする際は、「一般廃棄物処理業」や「産業廃棄物処理業」の許可を取得する必要があります。もし、リサイクルショップのように、不用品を買取りする場合は、「古物商」の許可がいります。これらの許可がないと違法になりますので、必ず許可を得ているかチェックしましょう。

不用品

可能であれば所在地を確かめよう

悪徳な業者は、万が一のトラブルの時にすぐに逃亡できるよう、連絡先を公開していない傾向にあります。なかには、事務所自体を構えていないケースもあるのです。業者のサイトの会社概要などのページで、所在地が記載されているか確認しましょう。また、実際に事務所が存在しているのか訪問してみるのもいいでしょう。

電卓

設定している料金は明確化されているかチェック

業者によって、どんな作業にどれだけの費用がかかるのか異なります。そのため、業者のサイトの料金表をチェックしてください。そして、追加料金があるケースがあるかについても確認しておきましょう。

財布

接客態度を確かめるために電話連絡してみよう

真っ当な業者であれば、サービスの基本である電話対応のマナーが身についているはずです。正しい言葉使いか、横柄な態度でないかなど、細かい部分までチェックしましょう。

不要品と不用品の違い

不要品

まだ利用することはできるけれども、所有者が要らないと判断したものを指します。一般的には、そのままの形状で再度使用することができる状態です。

不用品

故障していて、使用することができない状態のモノを指します。モノの状態によっては、リサイクルすることができる場合があります。

不用品処分にはお金がかかる

不用品処分を業者へ依頼する際、費用が発生するのが一般的です。しかしながら、工夫をすれば費用を安く抑えることができます。

不用品処分の費用を安くする方法

  • できるだけ家の中を片付ける
  • 相見積もりをする
  • 買取サービスを活用する

不用品の処分だけじゃない

不用品処分してくれる業者は、お客さんの満足度向上のために、様々なサービスを提供しています。もし、不用品の処分以外のことでお悩みであれば、業者へお願いしてみましょう。

不用品処分の業者が行なっているサービス

レディ

ハウスクリーニング

家の中がゴミ屋敷になっていたら、ごみ処分するだけでは解決しません。要らないもので溢れかえっていることによって、家中が汚れていますし、悪臭も発生しています。近隣に迷惑がかからないようにするためには、ハウスクリーニングも併せてお願いするのをオススメします。

遺品整理

故人が住んでいた部屋の不用品を処分するケースは珍しくありません。しかしながら、遺族にとっては、遺品をどのようにして整理したら良いのか分からない場合が多いでしょう。業者へ依頼すれば、専門知識をもったスタッフが対応してくれますので、効率よく遺品整理ができます。

荷物の一時預かり

自宅を建て替えの際、仮住まいに部屋には必要最低限のものだけ置きたいという場合もあると思います。そんな時は、業者へ荷物を預かってもらいましょう。場合によっては、不用品の処分と一緒に利用すると、処分費用を割り引いてもらえることがあります。

家電の取り付けや取り外し

引越しの際、エアコンを引越し先に持っていく場合、取り外ししないといけません。しかしながら、素人が無理に取り外そうとすると故障してしまう可能性があります。費用は追加でかかりますが、安全のためにも業者へ依頼するのがいいでしょう。

リフォーム工事

業者によっては、家のリフォームに関する工事まで請け負ってくれるところがあります。もし、不用品処分と併せてリフォームも考えているのであれば、一度相談してみると良いでしょう。

広告募集中